オンライン英会話比較.COM

辛口御免!オンライン英会話スクールの比較・ランキングサイト

レアジョブのレベル

   

レアジョブでは生徒の英語力に合わせて10段階のレベルを設定しており、自分がどのレベルに位置しているかによってどの程度の英語力が備わっているのかある程度判断できます。

レアジョブのレベル設定は語学のコミュニケーション力のレベルを示す国際標準規格のCEFR(Common European Framework of Reference for Languages)に準じているため、信憑性はかなり高いはずです。

レベルが上がるほど英語力も高いことを指しており、「レベル1だったらどうしよう」と不安になるかもしれません。

しかし、誰でも最初は英語を全く話せない点では一緒ですし、英語能力の到達度指標を自分自身で把握するのは今後のためにも必要な要素となっております。

それに、オンライン英会話のレッスンを受けて少しずつレベルアップしていることを実感できれば、今よりも更に英語学習への意欲は上がるはずです。

そこで、以下ではレアジョブで設定されているCEFRを基準としたレベルをご紹介しているので、一度確認してみましょう。

LEVEL1:「Hello」や「Thank you」など英語で挨拶ができる
LEVEL2:自分の名前や住んでいる場所を英語で答えられる
LEVEL3:身近な話題について英語で受け答えができる
LEVEL4:食事のオーダーなど海外旅行で必要な英語を話せる
LEVEL5:好きな音楽やスポーツなど身近なトピックについて話せる
LEVEL6:興味のある分野について英語で自分の意見を説明できる
LEVEL7:詳細な状況を英語で説明して意見交換ができる
LEVEL8:ビジネスの議論や会議で適切な言い方ができる
LEVEL9:幅広い話題において流暢に正しい英語を話せる
LEVEL10:複雑な話題でもネイティブと同レベルで話せる

上記のように設定されており、LEVEL1ならば入門教材、LEVEL2~LEVEL4は日常会話基礎教材、LEVEL5~LEVEL6は会話初級教材、LEVEL7~LEVEL8は会話中級教材、LEVEL9~LEVEL10は会話上級教材と適したテキストのある程度の目安が分かります。

レアジョブでは2,000以上の教材から選んでレッスンを受けられ、自分のレベルに合わせたテキストを使えばスキルアップに繋がるのではないでしょうか。

また、レアジョブでは初回の無料体験時に生徒の英語力を診断するレベルチェックテストや、独自のスピーキングテストなども実施されているので、ご自身のレベル判断のために上手く活用してみてください。
 

>>> レアジョブの詳細はこちら

 

 - レアジョブ